掃除機は今流行の兆しが見られる新時代の高性能ロボットが熱い

レンタルお掃除ガイド

センサー類の高い実力

壁掃除

目の前の空間を捉える

掃除機を自動化することができるロボットの能力は、搭載されているセンサー類の高い実力に注目するとさらに期待して購入できます。
特に、目の前の空間を捉えるために必要なセンサー類の性能は非常に重要です。センサーが貧弱では、室内の空間構造を認識することも、目の前にゴミが存在することも、認識することができません。
そこで、最新のロボット型掃除機は何十個にも渡る大量のセンサーを搭載しています。このセンサーの数が、まず他の機種とは大きな違いを誇るポイントになっています。
たくさんの情報を一気に収集できて、しかもそれは多角的な情報として空間認識に貢献してくれる点。それが、室内空間を緻密に捉えたり、チリひとつ残さないほどにゴミを捉えたりすることができる能力を生みます。
センサーの数は掃除機ロボットの性能に直結する、とても大切な要素だということを知れば、製品選びに間違いなく役立ちます。

思考回路の強さ

ロボットにとってセンサーは人間における目としての役目を持ちますが、その目がどんなに優秀だったとしても、センサーから得た情報を処理することができなければ宝の持ち腐れに過ぎません。
そこで、思考回路の強さを形成する人工知能の処理能力にも注目することは大切です。
最新の機種では1秒で60回、考えようによっては明らかに人間よりも速いスピードでゴミに対する情報を処理しています。
掃除機が人間による管理を行われなくても自分の判断で清掃を完璧に達成できると期待されるのは、この処理能力にもあることは間違いありません。

↑ PAGE TOP